1985年以来オーストラリアのエコ・リゾートのパイオニアとして国内外からの旅行者に愛され続けて来たシルキー・オークス・ロッジは2019年4月に国内でロンギチュード131°(ウルル・カタジュタ国立公園内にあるコテージ風の豪華テント型客室16棟+リゾート施設)等を所有・運営するベイリー・ロッジ・グループの一員となりました。今年の3月より15億オーストラリアドルの予算をかけ、大がかりな改装工事の為、現在休業中です。新たに生まれ変わったロッジは2021年11月に営業開始の予定です。

ケアンズから車で北に約1時間半。世界最古の熱帯雨林として知られるデインツリー国立公園へ。世界遺産にも登録された豊かな景観には、地球上で最も多様な動植物が生息している。そんな神秘の森に溶け込む様に立つのがシルキー・オークス・ロッジです。先住民アポリジニたちが“聖なる流れ”と讃えるモスマン川を見下ろすように立つロッジは、緑の静寂に包まれ、目を閉じれば1億年前の風を感じることができる。6つの客室タイプがあり、全40室の客室はいずれも独立したロッジです。写真にあるツリー・ハウス・リトリート(54㎡)では、壁面いっぱいに取られた窓からは一面の緑が望めます。テラスのハンモックでのうたた寝や他方のテラスには屋外バスでは鳥たちのさえずりと森のマイナスイオン付き、太古の森に囲まれて緑の癒し、極上のリラックスをお楽しみいただけます。